アカデミー
academy

アカデミー

育成理念

1.サッカーで人間力を高める

「ピッチ内外で輝ける選手」を目標に、明るく、正しく、逞しく生きる力を育みます。

チームワークの中で、人間性を養います。

2.サッカーで学び合う

選手、コーチ、関わるすべての人が「サッカー」を通して成長できる環境を作ります。

主体性を大切に、選手が自立し自分や仲間と困難を乗り越えていける選手を育成します。

育成方針

1.「育成」を重視した指導

ヨーロッパの育成型フットボールクラブのアカデミーをモデルに、「ユース年代で活躍することのできる選手」を、目指し育成します。

2.「見て考えて動く」選手の育成

自分で見て、考えて、動きだせる選手を目指し、吸収力と容量を増やし環境を選ばず成長し続けられる選手を、育成します。

3.「ピッチ内外で輝ける選手」の育成

「理想の選手モデル」を目指し、明るく、正しく、逞しく、生きる力を育みます。

4.チームワークの中で人間性を養う

サッカーというチームスポーツを通し、「サッカーで学び合う」ことで自立性と社会性を育成します。

特徴

1.徹底した一貫指導

クラブ独自のメソッドを基に、U9からU15まで一貫したプログラムを組んで育成します。

2.計画的な育成プログラム

「ユース年代で活躍することのできる選手」の育成を目指し、カテゴリーごとの育成指針を設定します。

複数のアカデミーコーチによる多角的なアプローチで、伸びるべき能力を見逃しません。

3.客観的論理的な分析評価(Evidence・Fact)とスパイラルアップ

チームのプレーデータや映像による分析を基に、根拠のある評価・十分なプレー回数が確保されたプログラムを

実施します。それを基にバランスよくさまざまなプレーを改善することで継続的かつ効果的な向上に結び付けます。

4.スペシャリストによる指導

すべてのアカデミースタッフが、日本サッカー協会公認の指導者ライセンスを保有しています。

U9からU15まで、その年代のスペシャリストが多角的に選手の成長をサポートします。

5.各年代に応じたプレーモデル

「プレーの成功率を上げる」ために、すべてのチームがプレーモデルを確立しています。

プレーモデルを理解し、実行するプロセスの中でサッカーを理解していくことで、将来の活躍の可能性を広げます。